« 静岡~愛知の旅きろく。(その4) | トップページ | 静岡~愛知の旅きろく。(その6) »

2010年2月 6日 (土)

静岡~愛知の旅きろく。(その5)

昨日の続きです。

静岡~愛知へ1泊2日のドライブ旅行、
宿泊したのは、
舘山寺温泉の『浜名湖グランドホテル さざなみ館』hotel

19時に、待ちに待ったお夕食になりましたrestaurant
昼食がショボかったので、もうお腹ペコペコ~bearing

“味覚会席”のおしながきです。

10

食前酒は甘くて美味しい“メロンワイン”、
先付は“鮟肝豆腐”、
八寸は“蛸わさび漬け”“海老旨煮”“サーモン寿司”に
“里芋の木ノ芽焼”、
酢物は“小鰭黒酢和”です。

1

椀物は“養老豆腐”、
御造は“季節の御刺身”。

4

お吸い物はダシが効いていて美味しいし、
お刺身は新鮮~shine

台物は“海鮮しゃぶしゃぶ”。

2

金目鯛のしゃぶしゃぶは、絶品でしたcrown
もちろん、伊勢海老や鮑も最高~up

別注料理の“牛サイコロステーキ”です。

3

すっごく柔らかくて、これも美味しかったぁgood

蓋物は“五穀導明寺蒸し”です。

5

道明寺、好きですよぉ~note
ダシも効いていて、ホッとするお味ですconfident

別注料理2の“季節の天麩羅盛り合わせ”です。

6

この辺りで、全員が「お腹が苦しい~bearing
海鮮しゃぶしゃぶだって、まだ半分以上残ってるのにsweat02

焼物は“鰻蒲焼”です。

7

お箸で一口大に切ろうとしたら、
あまりにも皮が固かったので、
身と皮が剥げてしまいましたsweat01

香物は“御漬物二種盛”、
飯物は“梅縮緬雑魚釜飯”、
止椀は“網茸汁合味噌仕立”です。

8

個室で一人ひとりの釜飯を炊いたうえ、
しゃぶしゃぶのコンロの火も合わさって、
お部屋がすっごく暑かったsweat01

釜飯のごはんも美味しかったけど、
どうにもこうにもお腹がいっぱいで、
半分しか食べられませんでしたweep

水菓子は“白柳ネーブルと苺”です。

9

午前中のイチゴ狩りで散々イチゴを食べたので、
「えっ、いちごsign02」って感じでしたが、
こっちのいちごの方が、甘くて美味しかったheart01

たぶん、幹事が、2点ずつの別注料理を頼んでいなくても、
十分にお腹がいっぱいになったと思われるお夕食でしたcoldsweats01

どのお料理もとても美味しくて、
本当に全部食べたかったけど、
いつもは残さない私も、
男性だって誰ひとりとして、完食できませんでしたdespair

もったいなかったね~down

それに、私は元々お酒を飲まないけど、
残り5人のうち4人は、
「食べなきゃsweat01」という義務感でお酒が進まず、
乾杯のビール1杯しか飲めていなかったようですbeerhappy02

2時間のお夕食のあと、お部屋に集まって二次会のハズが、
みんながこの日、3時~4時起きだったために
襲ってきた疲れと眠気、
更に、お腹がいっぱいで苦しかったことで、
誰も、お酒を取り出そうとも、おつまみを取り出そうとも、
しませんでしたsmile

結局、みんなで20分ほど「ぼぉ~」っとした後で解散dash

私は再び温泉に入り、
23時前には、たぶん全員が就寝していたでしょうhappy01night

この続きは、また明後日note

|

« 静岡~愛知の旅きろく。(その4) | トップページ | 静岡~愛知の旅きろく。(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/94962/33335154

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡~愛知の旅きろく。(その5):

« 静岡~愛知の旅きろく。(その4) | トップページ | 静岡~愛知の旅きろく。(その6) »