« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月29日 (土)

『ご当地キティ』東京編

26日(水)のブログに書いた、
“越中おわら風の盆キティ”を買ってきてくれた先輩から、
またまたお土産が届きました♪

Photo

それがこちら、

“大江戸八百八町キティ 赤”です。

これも、凝ってますね~!

綺麗な赤い着物に、

日本髪もステキですw。

華やかな感じが、

明るくていいですよねっ。

(^o^)/

先輩は、東京のお姉さまの所へ、
遊びに行ってきたとのこと。

これって、東京のどこで買ってきてくれたんでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

『なると金時レアチーズポテト』をいただきっ!

Photo

ある日突然、友だちに、

『なると金時レアチーズポテト』、

という、スイーツをもらいました♪

「徳島からのお取り寄せ?」

と思ったら、

生協の共同購入で、

買ったとのこと。

へぇ~、地方の銘菓も、

生協の共同販売で売ってるんですねぇ~!

2

箱を開けたらこんな感じ。

可愛らしいし、

いかにも美味しそうです♪

見た限りでは、

以前、職場の先輩にいただいた、

鹿児島の『フェスティバロ』の、

唐芋レアケーキ、

“フェスティバロ・ラブリー”に、
似ているのかな~と思いました。

冷凍されていたので、
私は、冷蔵庫で完全解凍して食べてみました。

「う~ん!美味しいっ。」o(^-^)o

徳島の農家で生産されている“鳴門金時”のみで作られた、
スイートポテトの真ん中に、
チーズクリームが入っているのです!

こんなの、初めてっ♪

ポテトだけでも、甘くてクリーミーなのに、
チーズクリームのお陰で、
より滑らかな食感になり、
ほのかな酸味が、絶妙な取り合わせになっています。

冷蔵庫で完全解凍していただく他に、
半解凍して、さっくりとした状態でいただいたり、
完全解凍したあとに、オーブントースターで焼き、
更に、とろ~っとした食感も楽しめるなど、
いろいろな食べ方があるようです。

あと一つ残っているので、
今度は焼いて、あつあつの出来立て風味を、
味わってみようかな。o(^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月27日 (木)

『京はやしや』東京ミッドタウン店にて。

先日、“東京ミッドタウン”へ行った時、
『京はやしや』で、自分用のお土産を買いました。

『林屋』は、創業1753年という、京都のお茶屋さん。

この『林屋』が展開する和カフェが、『京はやしや』です。

東京ミッドタウン店だけの限定パフェがあると聞いていたので、
本当は食べてみたかったんです。

でも何せ、『ジャン=ポール・エヴァン』で、
美味しいケーキを堪能したあとだったので、
心もお腹もいっぱいで、パフェは泣く泣く諦めました。(^_^;)

なので、自分用に買ったお土産がこちらっ!

3

2

一つ目は、『抹茶かすてら 特撰 千代の白』。

抹茶の色が、とても綺麗な緑色です!

でも何故か、抹茶の香りも味も、あまりしませんでした。

それに、割とパサパサした生地なので、
ちょっと、私の好みとは違うかな~って感じ。(^_^;)

そして、二つ目は・・・。

Photo

『抹茶バームクーヘン(ミニ)』。

個包装になっているので、

1個からでも買いやすくて○。

でも食べた感想は・・・、

抹茶の香りはしなかったなぁ。

苦味は、少々ありました。

生地は、カステラほど、

パサパサではなかったけど、

やっぱり私は、もう少ししっとり目の方が好き。

『京はやしや』のお土産には、
ちょっと、期待ハズレだったかなぁ。(>_<)

以前、汐留へ行った時、二度ばかり、
『茶寮 都路里 カレッタ汐留店』で、
“特選都路里パフェ”を食べ、
お隣の『祇園辻利』で、
カステラ他、抹茶を使ったお菓子を、
いろいろと買ってきました。

“パフェ”はもちろん、超感激したし、
お菓子も、抹茶の風味が、香り&味ともに高くて、
とっても美味しかったのを覚えています。

だから、私の中では、
『祇園辻利』の方が勝ちだねっ(笑)。

最近、辻利の本家だという、
『辻利一本店』の協力を得て『JT』が共同開発した、
『京都宇治 辻利』というペットボトルのお茶が、
発売開始されましたね。

まだ飲んでいないけど、興味津々です。o(^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

『ご当地キティ』富山編

先日、社内のメール便で、
会社の先輩からお土産が届きました♪

その何日か前に、一緒に夜ごはんを食べた時、
私が『ご当地キティ』を集めているって言ったのを、
覚えていてくれたんですね~。o(^-^)o

Photo_2

そのお土産がこちらっ!

“越中おわら風の盆キティ”です。

そういえば、

「おわら風の盆」を、

観に行くって、

言ってましたっけ!

今年の3月8日のブログに、

パパからのお土産ということで、

“越中おわら風の盆キティ”を載せてますが、
その時のキティちゃんとは、
衣装も、手の位置も、異なります。

こちらは、後発バージョンなんでしょうか?

『ご当地キティ』、本当にキリがありませんっ。(^_^;)

「おわら風の盆」、情緒があって、幻想的で、
なんだか素敵ですね。

一度、行ってみたいなぁ。o(^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

『ショコラ・ノア』再び。o(^-^)o

削除bomb

| | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

『ひとり日和』を読みました。

Photo_2

ちょっと前に読んだ本です。

『ひとり日和/青山七恵著』。

第136回芥川賞受賞作品と

いうことで、読んでみようと、

思い立った本でした。

そうそう、もう一つ、

読んでみようと思った訳が、

ありました。

それは、私の職場で回覧されるある小冊子に、
こういう内容の文章が載っていたからです。

「『ひとり日和』の舞台となっている駅は、
京王線の“芦花公園駅”がモデルなのではないか。」と。

ちょうど、この文章を読む数日前、
“芦花公園駅”が最寄駅である『世田谷文学館』へ、
“ムットーニのからくり書物”なる企画展を、
観に行ったばかりだったので、
何かの“縁”を感じ、読んでみたいと思っていたのです。
(^_-)-☆

20歳の知寿が居候することになった、
遠い親戚の71歳の吟子さんの家。

駅のホームが見えるこの家で、
同居している二人それぞれが過ごした、
春夏秋冬の日々が描かれ、
そして千寿は、再びその家から旅立って行く・・・。

という、 お話。

特に、盛り上がる部分も無く、
感動する場面も無い、
普通の生活を描いた小説で、
ちょっと、だらしな目な生活をしている千寿には、
自分を重ね合わせたり、共感することはできませんでした。

でも、少しずつ成長し、自立していく千寿を、
ちょっぴり応援したい気持ちになりました。

でも、“芥川賞”をもらうほどの小説なのかどうかは・・・、
素人の私には、分かりませんでした。

残念っ!(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

『ROYCE’(ロイズ)』のお土産♪

先日のパパの北海道土産デス。

パパが出かける前に、
ちゃっかり、お土産のリクエストをしました。

「『ルタオ』の“ドゥーブルフロマージュ”か、
『スナッフルス』の“チーズオムレット”か、
『ロイズ』の“ポテトチップチョコレート”を買ってきてぇ~!」と。

その結果、全て『ロイズ』で、
↓のようなラインナップのお土産となったというワケです。

なんでも、旅行は数名で行ったらしいのですが、
北海道に着いてすぐ、
パパと、もう一人のお友だちが、
風邪をひき、具合が悪くなってしまい、
旅行の日程を一日繰り上げて、二人で帰ってきたそうなんです。

だから、本当はお土産を選ぶどころではなかったので、
私へのお土産としては、目についた『ロイズ』と、
11日(火)に紹介した『ご当地キティ』だけ買って、
フラフラな様子で帰ってきたようなんです。(>_<)

そのお土産が、こちら。

2

まず、お馴染みの、

“生チョコレート”ですが、

これは、“シャンパン味”。

シャンパンの風味は、

あまり感じなかったけど、

お酒の弱い私は、

一粒食べたあと、

喉の奥が、“か~っ”と、

なりました。(^_^;)

Photo

2点目は、こちら。

“プラフィーユショコラ”の、

“はちみつ”。

薄いチョコレートの中に、

トロトロのはちみつが、

閉じ込められています。

このチョコは、初体験でした。

口の中で、

チョコレートとはちみつが、コラボします(笑)。

はちみつが入っているので、
チョコレートは少々ビター目な感じでしたが、
私には、ちょっと甘すぎるかも・・・?

3

そしてこれが、

今回、私のリクエストした、

“ポテトチップチョコレート”!

以前は、

こういう味の組み合わせは、

敬遠してたので、

自分で買ったことは無かったけど、

たまたま、友だちから、

お土産としていただき、

食べてみたら、好きになっちゃいました。(*^_^*)

少々厚めのポテトチップの塩加減と、
片面にかけられたチョコとのコラボは最高です♪

食べ出したら、止まらなくなっちゃって・・・。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

桑田サンのライブチケット当選♪

サザンオールスターズ応援団の
チケット先行予約で申し込んだ、
『桑田佳祐 LIVE TOUR 2007』、
“呼び捨てでも構いません!!「よっ、桑田佳祐」SHOW”の、
当落結果が、本日、発表になりました。

応募したのは、
12月6日(木)ホットハウススーパーアリーナ(仙台)、
12月7日(金)ホットハウススーパーアリーナ(仙台)、
12月30日(日)横浜アリーナ、
12月31日(月)横浜アリーナ、
の、以上4公演分。

そのうち当選したのは、
12月7日(金)のホットハウススーパーアリーナだけでした。
(>_<)

サザンのファンになって、約25年、
ファンクラブに入って、約20年になりますが、
良席に恵まれたことも無く、
年越しライブに当選したのも、たった3~4回ほど。

茅ヶ崎に住むサザ友の話を聞くと、
申し込んだライブには、必ず行けてるし、
おまけに、かなり良い席が当選してたりと、
とっても羨ましい限りです。(+_+)

私だって、こんなに桑田さんを愛しているのになぁ。(T_T)

仙台には、観光で3回ほど行ったことがありますが、
これまでは、関東地区のライブにしか、
申し込んだことがなかったので、
ライブ目的で訪れるのは、もちろん初めてです。

でも、思いっきり弾けて楽しんでこようと思います。(^^♪

そして、せっかく行くので、一泊した翌日は、
ちょっと遊んでこれたらいいなぁ。o(^-^)o

| | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

『ご当地キティ』香川編

この夏、お子さんのスポーツの大会のため、
香川へ行って来たという会社の先輩から、
『ご当地キティ』をいただきました♪

Photo

“讃岐うどんキティ”です。

四国モノをゲットしたのは、

なんと初めて!

讃岐うどんの丼の中に、

浸かりながら、

うどんを食べているキティちゃんです。(^_^;)

麺類の『ご当地キティ』って、
どんぶりに浸かっているのが多いけど、
冷静に考えたら、ちょっとヘンですよねw。

でも、良くできてるし、カワイイから、許しちゃう。o(^-^)o

先輩、いつも『ご当地キティ』をありがとぉ。(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

『間宮兄弟』読みました。

Photo『間宮兄弟/江國香織著』を、

最近、読みました。

佐々木蔵之介さんと、

塚地武雅さんが、

主演するこの映画を、

WOWOWでやっていたのを観て、
「原作も読んでみよ~」と思ったんです。

江國香織さんの本は、
『東京タワー』も持っているけど、
ずっと放ったままで、まだ読んでいないので (^_^;)、
この『間宮兄弟』が、私にとって、
初めての江國さんの本ということになりました。

私にとって、江國さんの小説のイメージは、
“恋愛モノ”だったので、
『間宮兄弟』の、ほのぼのとした空気感は、
なんだかちょっと意外。

この小説は、特に大事件が起こる訳でもなく、
変わらない日々の小さな出来事を、
兄弟が共有し、互いを思いやって、
過ごしていく毎日を描いたストーリーでした。

兄弟のあるべき姿って感じだけど、
本当にこんな仲の良い兄弟がいたとしたら羨ましいなぁ。(^o^)

そして、きっとこれからも、
同じように、この二人は仲良く年を重ねて行くんだろうなぁ。

なんだか、心が穏やかになるような小説でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

『伊東屋珈琲』にてブレイク。

先日の暑い日、外出先からの帰り道、
どーしても、アイスコーヒーが飲みたくなり、
桐生市の『伊東屋珈琲』にて、コーヒーブレイクしました。

Photo_2この珈琲屋さんは、まだ、

この場所にオープンして、

2年くらいでしょうか?

私が訪れたのは、

昨年冬に続いて2度目でした。

古民家をそのまま移築したような、
レトロな建物。

冬に来た時には、すきま風のせいか、
石油ストーブを近くで焚いていただき、
膝掛けまでお借りしたのに、超寒くて、
コーヒーをいただくそばから、
トイレへ行きたくなっちゃうほどでした(笑)。

今回は真夏だったので、そんな心配も無く、
大変美味しく、私は“アイスカフェオレ”、
友だちは“アイスコーヒー”を、
いただいてきました。

自家焙煎のせいか、
コーヒーが喉元を通る時に、
コーヒーのとっても香ばしい香りが堪能できます。

アイス類でも量はたっぷりあり、嬉しいところですが、
ホットコーヒーだと、確か、ポットサービスだったかな。

古民家にマッチした、
アンティークなインテリアもいい感じ。

時間がゆっくりと流れているような空間の、
まったり癒される珈琲屋さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

『澤田屋』の栗きんとん♪

先日、木曽へドライブに行ってきたという友だちに、
お土産に、中津川市『澤田屋』の栗きんとんをもらいました♪

Photo

箱は、不織布で、

包まれています。

そして、肝心の中身は・・・。

2“ザ・中津川”って感じですw。

このタイプの栗きんとん、

まずい訳がありません!

ほっこりとした栗そのものの味と、

ほのかな甘みが、

「もう、幸せ~」って感じ!

中津川の栗きんとんは、
今まで、『すや』・『松月堂』・『七福』のものを、
食べたことがありますが、
それぞれに、どれも美味しい!

各々、栗のつぶつぶ感や砂糖の甘みや固さが、
少しずつ違うことは、なんとなく判るんですが、
実は、一度に食べ比べた訳ではないので、
その違いについて、コメントできるほどではありませ~ん。
(^^ゞ

9月に入り、『すや』からはメールで、
『松月堂』と『七福』からは郵送で、
「栗きんとん、始めました」のお知らせが、
送られてきました。

もう、夏が終わるんですねぇ。(>_<)

今年は、どのお店の栗きんとんを注文しようか、
今から、ワクワクです。o(^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

『東京ばな奈の黒ベエ』食~べたっ!

みんな知ってる『東京ばな奈』、
時々、食べたくなることありませんか?(^^ゞ

先日、職場の先輩が、
「東京の病院へ定期健診に行くけど、
何か買ってくるものなぁい?」って、
声掛けてくれました。

先輩は、東京駅を利用するっていうので、
ふと、思い立ち、『東京ばな奈』、
しかも、『東京ばな奈の黒ベエ』をリクエストしちゃいました。

“黒べえ”は、どこの『東京ばな奈』の店舗でも、
売っているって訳ではないので、
「無理だったら、『大丸東京』で、
普通の『東京ばな奈』を買ってきてくれればいいですよぉ」って、
言ったんですが、
なんと、東京駅を探しまわり、
“黒ベエ”を買ってきてくれました~。

嬉しいっ。(^^♪

2

昨年の夏、東京駅から、

浜名湖での夏フェスに向かう際、

新幹線に乗る時に、

初めてこの“黒ベエ”を、

見かけたんですが、

荷物がたくさんあったから、

買うのを断念したんですよね。

だから、1年ぶりのリベンジなんです!

Photo

きぁあ、

ホントに黒いんだぁ!

でも、中のクリームは、

お馴染みのバナナカスタード。

そして周りのスポンジは、

ココア味なのです。

あまぁいバナナカスタードと、
ココア味のちょっとビターなスポンジのコラボが、
とってもいい感じ。

この季節、冷蔵庫で冷やして食べるのも、
また格別でしたよ。

あ~、美味しかった♪

探し回って買ってきてくれたって聞いたから、
より美味しく感じちゃいましたよ~☆

最近は、黒い食べ物がブームだって聞いたけど、
他には、どんなものがあるのでしょう。

いろいろ食べてみた~い。o(^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月12日 (水)

日光『明治の館』でランチ。

先日、日光へ行った時、
『西洋料理 明治の館』でランチしました。

Photo_2

ここ『明治の館』は、

石造りの洋館レストランです。

蓄音機を日本に初めて紹介した、

アメリカの貿易商F.W.ホーンの、

別荘として建造された建物だそうです。

クラシカルな内装も、とっても素敵☆

気品のある雰囲気の中で、
いわゆる“洋食”がいただけます。

日光には、数え切れないくらい来ていますが、
いつもランチは、大好きな“ゆば懐石”で、
その後、この『明治の館』でお茶をするっていうのが、
だいたい、お決まりのコースなので、
『明治の館』でランチするのは、
もしかしたら、初めて?!

正午前に着いたのですが、
日曜日だったせいか、室内の席はもう満席。

待つのも嫌だったので、
すぐに座れるテラス席に落ち着きました。

日差しは無かったから良かったけど、
ちょっと蒸し暑かったな。(>_<)

いつもなら、こーゆートコに来たら、
コースメニューをオーダーしてしまう私ですが、
この日は、ご馳走してもらえそうだったので、
ちょっと遠慮して、
アラカルトメニューから選ぶことにしました。(^_^;)

2

まずこちらは、

“グリーンサラダ 630円”。

2人でシェアしました。

それにしても本当に、

グリーンばっかりのサラダだったので、

草を食んでいるみたいで、ちょっと面食らいました(笑)。

続く、メイン料理は、
メニューを見て、まず目が行ったのは、
“ビーフシチューの壺焼き 2415円”。

私、ビーフシチューに目がないんです(笑)。

でも、友だちが選んだのは、
“ビーフハンバーグステーキ 1575円”。

「私の方が、1000円近くも高いのを頼むの、
悪いかな~」って思って、
遠慮して、私も“ビーフハンバーグステーキ”を、
いただくことにしました。(+_+)

3

まぁるく、コロンとした形。

ナイフで切ると、

肉汁が、「ジュワ~」っと、

出てきました。

でも、ハンバーグ自体には、
あまり味付けがしていない感じ。

デミグラスソースは、割とサラサラしていて、
私的には、「もっと“コク”がある方が、いいな~」と、
思いました。

私たちが食べ終わった頃には、
もう、何組ものお客さんが待っていたので、
早々に、席を立つことにしました。

テラス席で、暑かったしね。(^_^;)

食後には、併設のケーキショップで、
お約束のチーズケーキ、“ニルバーナ”をお買い上げ。(^^♪

4

お家に帰ってから、

冷蔵庫で冷やして、

いただきました。

ん~っ!

判りきってる味ながら、

何度食べてもうまいっ。!(^^)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

『ご当地キティ』北海道編

久々に、ご当地キティちゃんの登場です☆

今回は、先日の、パパの北海道土産の『ご当地キティ』で、

Photo

北海道限定、

“農作物キティ メロン”です。

キティちゃんの入っている、

箱の前面には、

「北海道 特産メロン 限定品」って、

書かれています。

メロン頭のキティちゃん、カワイイですねw。

“農作物キティ メロン”っていうネーミングってことは、
「他の農作物のご当地キティもあるんじゃないの~?」って、
予想できちゃうあなたは、
もしや、『ご当地キティ』のコレクター?!

そうなのです♪

他にも、“じゃがいも”バージョンや、“とうもろこし”バージョン、
そして、“アスパラガス”バージョンも、
あるようですよ。

更に、“海産物キティ”ってシリーズのもあって、
“ほたて”や“毛ガニ”のキティちゃんもいるようです。

改めて、北海道の特産物の多さに気付かされますね。

ほっかいどうは、でっかいどう~!

↑ 古い・・・?!(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

『草木万里野』で夜ごはん。

先日、同じ会社の違う課の先輩と、
みどり市笠懸町の『茶屋 草木万里野』で、
夜ごはんを食べつつ、お喋りしました。

Photo_2

ここ『草木万里野』は、

アジア系からイタリアン系まで、

メニューが豊富。

しかも、席が一つ一つ、

区切られていて、

長居や、込み入った話もしやすいので(笑)、
いつでもお客さんがいっぱい。

明るいうちに入店しないと、
席が空くまで、入口で待つ羽目になります。(^_^;)

この日、私が食べたのは、
確か、“あつあつチャイニーズおこげ”ってメニュー。

数日前に、前橋市の『天壇大食堂』へ、
おこげを食べる気、満々で行ったのに、
臨時休業で食べられなかったため、リベンジです(笑)。

もちろん、ここ『万里野』でも、
目の前で、「ジュ~」っと、あんかけの具を掛けてくれます♪

だがしかし・・・、
待ちに待ったリベンジの「ジュ~」が嬉しくて、
しかも、お喋りに夢中になり過ぎて、
写真を撮るのを忘れてしまいました。

あぁ、またしても・・・。自己嫌悪w。(+_+)

実は、ここで“おこげ”を食べたのは、
初めてではありませんが、
具もたくさんだし、味付けもちょうど良かったし、
美味しくいただきましたよ。(^^♪

2

ドリンクの写真は、

撮ったんですw。

これは“ラッシーマンゴー”。

もうちょっとマンゴージュースの量が、

多いと嬉しかったけど、

まぁ、普通に美味しかったです。

3

食事を終えても、

まだ喋り足りなかったので、

その後、コーヒーも、

オーダーしました。

なんと、紅茶じゃないのにポットサービス!

それに、カップ&ソーサーは、私が大好きな、
『ウェッジウッド』の『ワイルドストロベリー』でした☆

この日、ご一緒した先輩は、
私が仕事で辛い思いをしていた時、
話を聴いて、元気付けてくれた人。

今は、私もすっかり元気だけど、
たま~に行き会うと、
「ごはんに行こう!」って話になり、
話を聴いてくれたり、アドバイスをくれたり・・・。

私には、姉はいないけど、
お姉さんがいたら、こんな感じなのかなぁ?

いつも、気に掛けていただいて、感謝、感謝です。(^-^)

長いお喋りを終えて、お店を出るとき、
やっぱり、3~4組のお客さんが、
入口で席が空くのを待ってました。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

『夜明けの街で』・・・と言ったら?

『夜明けの街で』・・・と言ったら、
何を連想しますか?

サザンの桑田サンのラジオ番組、
「桑田佳祐のキヤノンFMワンダーランド ~やさしい夜遊び~」で、
時折、桑田サン自身が最近読んで面白かった本を、
ポロッと喋ることがあるんです。

ちょっと前に、桑田サンが、
番組内で読んだと言っていたのが、コレ。

Photo

『夜明けの街で/東野圭吾 著』です。

桑田サンも言っていたとおり、
サザンファンなら、すぐに判ると思いますが、
“夜明けの街で”というのは、
かの有名な不倫の切なさを歌った曲、
『LOVE AFFAIR  ~秘密のデート』の、
歌い出し部分ですよねっ!

また、『夜明けの街で』の作品中にも、
“サザン”って出てくるって言っていたので、
これは、読むっきゃないでしょう?!

私、今は、推理モノは全く読まなくなってしまったので、
東野圭吾さんの著作を読むのは初めてでしたが、
この『夜明けの街で』は、そのタイトルが、
『LOVE AFFAIR  ~秘密のデート』を連想させる通り、
不倫のお話しに、ミステリーが織り交ぜられたストーリー。

不倫にズルズルとのめり込んでしまう、
主人公“渡部”という既婚男性の心理描写が、妙にリアルです。

でも、境界線を越えてしまい、
引き返せなくなった2人の関係は、
ちょっとワカル気がしてしまいます。えへへっ。(*^_^*)

さて、肝心の、“サザン”関連についての部分はですね・・・。

まず、前半35ページで、2人が大黒埠頭で車を停め、
広場でハンバーガーを食べてるシーン。

-あっ、と秋葉(不倫相手の女性)が空を指差した。
-そちらに目を向け、おっと僕も声を漏らした。
-短い虹がうっすらと出ていた。

『LOVE AFFAIR~』にも、
「大黒埠頭で虹を見て~」っていう歌詞がありますね。

不倫の始まりを予感させるシーンです。

次は、中盤141ページ、課の新年会の二次会で、
渡部が課長に「何か歌え」と言われて、
サザンの曲を歌う場面。

-「サザンでもいいですか」
-「おっ、サザンか。いいねえ」
-課長は手を叩いた。
-中高年の武器、サザン。
-おっさんが若者と共有できる唯一の音楽、サザン。
-偉大だ。
-何気なく入れた曲は、
 『LOVE AFFAIR  ~秘密のデート』だった。
-本当に何も意識していなかったのに、
  歌っているうちに、これが不倫を仄めかしている歌だと
  気付いた。
-御丁寧なことに舞台まで僕の馴染みの場所だった。

渡部には、不倫の願望が元からあったのかも?

次は、241ページ。

2人で過ごすホワイトデーのために、
秋葉が、「ホテルを予約した」と話すシーン。

-彼女が口にしたのは、有名なクラッシックホテルだった。
-そこに入っているバーがさらに有名で、
  大物アーティストの歌にも登場する。
-不倫をテーマにした歌だ。

“クラッシックホテル”は、ホテルニューグランド、
“バー”は、シーガーディアン、
“歌”は、『LOVE AFFAIR  ~秘密のデート』ですね

そして、296ページ。

殺人事件の時効を、あと1時間余りで迎えるというシーン。

-「今、何時?」
-彼女が僕の腕の中で訊いた。
-枕元に置いた時計を見た。
-サザンオールスターズの『勝手にシンドバッド』を
  思い出していた。
-そーね、だいだいねー。

時効直前で、“そーね、だいだいねー”とは、
緊張感なさすぎで、笑えました。(^_^;)

思い出した場面は、こんなトコですが、
この小説の不倫物語の部分は、
「『LOVE AFFAIR  ~秘密のデート』の小説版みたい~」、
って感じがしました。

両方とも、横浜が舞台だしね。(^_-)-☆

実は、ちょうどこの本を読んでいる最中、
隣りの課の課長の不倫相手が、
就業時間中に職場に乗り込んできて、
ちょっとした修羅場を見てしまったのですよ!(^_^;)

だから私には、更にリアルに、
そして、夢中で読み終えてしまったのでした。

あ~、あの時は、ドキドキしたなぁ~。(^_^;)

ドラマを観ているか、はたまた、
ドッキリかと思っちゃうほどの修羅場だったんですもの。

あ゛~、そういえば、サザンの曲に、
シュラバ★ラ★バンバ』ってのも、ありましたっけ(笑)。

きっと、東野圭吾さんもサザンファンで、
サザンの歌をたくさん知っているんでしょうねっ!

今度は、東野さんの別の小説も、
読んでみたいと思っています☆

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年9月 6日 (木)

『栗菓匠 七福』でお取り寄せ♪

先日、職場のみんなで、
岐阜県中津川市にある『栗菓匠 七福』から、
お取り寄せをしました。

以前、「第62代横綱・
大乃国の全国スイーツ巡業」という本に、

2_2 『栗菓匠 七福』の、

“深山のしずく”という、

夏にぴったりな栗きんとんを見つけて、

ずっと、食べてみたいと、

思ってたんですよね。

うふっ。o(^-^)o

そして、こちらがその、“深山のしずく”で~す!

Photo

冷た~い“わらび餅”に、

あの中津川系の“栗きんとん”と、

少量の“こしあん”が、

包まれているんですヨ。

栗きんとんは、言うまでもなく、

ほっこりとした栗の味そのままで格別。

こしあんは、栗を邪魔しない程度に、
ほのかな甘みを添えています。

それらと、モチモチなわらび餅とのコラボが、
なんとも言えず、良いハーモニー♪

夏には、あまり好まれないような食感の栗きんとんが、
冷たくさっぱりしたわらび餅と一緒にいただくことで、
すっかり、夏のお菓子に大変身!って感じですよ。

本当に美味しくて、お取り寄せした全員から、
大好評でした。

今月に入り、同じ中津川市の『すや』や『松月堂』から、
「栗きんとん始めました」のメールやDMが、
届き始めました。

日中は、まだ暑い毎日だけど、
季節は、少しずつ秋に向かっているんですね。

栗きんとんも楽しみだけど・・・、
夏の終わりは、ちょっと淋しい。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

『JEAN-PAUL HEVIN 東京ミッドタウン店』で!

昨日の続きでっす。(^o^)/

9月3日(月)、『東京ミッドタウン』に到着後、
早々に、リッチなランチをしたあと、
3Fから順に下がりながら、ショップを見て回りました。

それぞれのショップは、割と小さめだったし、
雑貨類のショップは面白かったものの、
特に買いたいものも見つからず、
それほど時間もかからずに、全て見終わってしまいました。

14時半頃になり、
お茶をしようと決めていた、
ショコラティエ『JEAN-PAUL HEVIN (ジャン=ポール・エヴァン)』の、
ショコラブティックへ向かいました。

『JEAN-PAUL HEVIN』の東京ミッドタウン店は、
都内では3番目の店舗だそうです。

この日は平日だったせいか、まだ並んでいる人の列も無く、
4つしかないテーブル席の最後の一席に、
ちょうど座ることができました。(*^^)v

8

私がオーダーしたのは、

“グアヤキル”というケーキと、

“JPHメランジュ”という紅茶。

“グアヤキル”は、

ビターチョコレートのケーキで、

小麦粉を一切使っていないそうです。

コクがあって濃厚で、す~っごく美味しかったです。

そして、“JPHメランジュ”は、ジャン=ポール・エヴァン氏が、
チョコレートに合うようにセレクトした紅茶。

キーモンのような、
スモーキーで、いかにも中国紅茶的な香りなので、
初めは「チョコに合うの~?」って思いました。

でも、濃厚なチョコレートを食べたあとに、この紅茶を飲むと、
とってもさっぱり&すっきり!

口の中がリセットされて、
ふたくち目のチョコレートケーキの味が、
また新鮮に感じられるんですよ!!

さすが、ジャン=ポール・エヴァン(笑)。

ケーキも紅茶も美味しいし、店内も落ち着くし、
もう、心から癒されてしまいました。

幸せ~。♪

でも、あっという間に『東京ミッドタウン』内を、
見終わってしまったので、
帰るには早いし、『六本木ヒルズ』へ行くには遅いし、
ちょっと困ってしまいました。

私は、この翌日も振休だったので、
遅くなっても構わなかったけど、
一緒に行った友だちは、翌日が仕事だったため、
止む無く、そろそろ帰路に着くことにしました。

『東京ミッドタウン』を出る前に、
夜ごはん用にと、『十五夜米八』で、
“おこわ弁当”を買いました。

二種類入っていた“おこわ”はもちろん、
おかずも、豆腐ハンバーグや和風のお惣菜で、
ヘルシーかつ、品数も多く、
とっても美味しかったですよ♪

満足、満足w。

『東京ミッドタウン』、駅からも近いし、居心地も良いし、
またフラッと来てみたいです。o(^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 4日 (火)

『東京ミッドタウン』でランチ編!

昨日、9月3日(月)、六本木の『東京ミッドタウン』へ、
初めて行ってきました。

平日なら、そろそろ空いてきたかなぁ~と思って。

日比谷線の六本木駅で降り、地上に出ると・・・、
な~んて懐かしいんでしょう(笑)。

六本木に来たのは、随分久しぶりだったので、
学生時代をちょっぴり思い出しました。(*^_^*)

そういえば、『東京ミッドタウン』は、元防衛庁の跡地だってこと、
今の20代以下の子たちに言っても、通じないんですってね~!

こんな時、ちょっぴり歳を感じます。(^_^;)

駅から歩いてすぐ、『東京ミッドタウン』に到着。

Photo

TVや雑誌の紹介だと、

エントランスまでが、

かなり長い距離に見えましたが、

実際は通りからすぐに、

高いビルが迫っているって感じでした。

2

こちらは、

メインのショッピングゾーン、

“ガレリア”内の吹き抜け。

ビルの外も中も、

竹や水をふんだんに使用していて、

近代的な中にも、居心地の良い空間を編み出しています。

11時過ぎ、レストランが混まないうちにと、
早めのランチを取ることにしました。

7

いくつかの候補のうち、

この日のランチに決めたお店は、

“ガーデンテラス”B1Fの、

「Union Square Tokyo」。

なんでも、「ニューヨークで、

最も予約が取れない」と言われる、
超人気店の姉妹店で、
日本初上陸なんだそうです。

なるほど、高級感のある店構え!

お店の前面は、ホテルのバーみたいな、
オシャレな雰囲気です。

この時点では、それほど暑くもなく、
風もほとんど無かったので、
お店奥の、テラス席でいただくことにしました。

テラス席の正面は、芝生が綺麗な公園。

4

そして、右手を見ると、

かの『ザ・リッツ・カールトン東京』の、

正面入口です☆

一度でいいから、

泊まってみたいなぁ~。o(^-^)o

さて、私たちがチョイスしたのは、
真ん中の3500円のランチコース。

5こちらは前菜の、

カジキマグロのカルパッチョです。

鮪は、とっても綺麗なピンク色。

味付けは薄味で、

素材本来の味を引き立ててます。

ちなみに、バターの隣りに見えるのは、
オリーブのピクルス。

緑と黒の、2種類のオリーブでした。

両方食べてみたけど、
やっぱりちょっと苦手。(^_^;)

6

こちらは、メイン、

イベリコ豚のソテーで、

ソースはバルサミコソースでした。

かなり厚みもあるイベリコ豚でしたが、

柔らかいのに、歯ごたえもあり、

脂身もクドくなく、ジューシーで、
二切れを、ペロッと食べてしまいました。

最後は、デザートとコーヒー。

私が選んだデザートは、
マスカットのジュレにシャーベットが乗っているもの。

すっごく美味しくて、
これも写真を撮ったハズなのに、
保存に失敗したのか、
携帯にはこのデザートの写真が残っていませんでした。

ざんね~ん!

テラスでのランチは、暑くもなく、
少し曇りがちな、ちょうど良い天候で、
緑の芝生や、お散歩をしている人たちを見ながら、
まったりと美味しくいただくことができました。

あまりに気持ち良くて、
食べ終わる頃には、ちょっぴり眠くなってしまったほど。

雑踏のイメージのある、都会の真ん中“六本木”なのに、
自然を見ながらの屋外ランチ、
そして、黒人のウェイターさんとのお喋りで、
まるで、日本じゃない場所にいるような感覚になっちゃいました。

一時間半ほど、ゆっくりランチをいただいたところで、
さぁ、『東京ミッドタウン』巡りにゴー!です。

続きは、また明日~。(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

NEW バスクリン “グレープフルーツの香り”!

お風呂に入る時には、必ず“入浴剤”を入れる私。

先日、職場に送れられてきた情報誌を、
たまたまめくっていたら、
新製品紹介ページに載っていたのが、コレ!

Photo

『バスクリン グレープフルーツの香り』です☆

“グレープフルーツ”の香りは大好きで、

よく純度100%のアロマオイルを、

お風呂に入れたりもするほど。

だから、この『バスクリン』には、
もちろん興味津々で、
早速、その週の週末に買いに行きました。

一軒目に行ったドラックストアでは、未入荷。

二軒目に行ったホームセンターで、発見っ!

その日の夜、ワクワクしながら浴槽に入れてみると、
お湯の色は、黄色味が強い黄緑色でした。

そして、肝心の香りは・・・。

そりゃ、100%の精油とは違うけど、
かなりポイント高かったですよ。

いかにも作り物の香りっていう鋭い香りじゃなくて、
割と柔らかい、良い香りでした。o(^-^)o

なんでも、天然アロマ香料も配合されているほか、
ホホバオイルも、従来のモノより増量されているとか。

そういえば、お風呂上り、
膝や踵なんかは、いつも以上に柔らかかったかも☆

それに、最近は、専ら『クールバスクリン』三昧だったので、
すご~く温まった感じがしました。

だって、お風呂上りに暑くなり過ぎて、
すかさずお部屋を冷え冷えにしちゃいましたもの(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

『JIN'S GARDEN SQUARE cafe』で夜カフェ。

先日、友だちと晩ごはんを食べたあと、
前橋市の『JIN'S GARDEN SQUARE cafe』で夜カフェしました♪

この『ジンズガーデンスクエア カフェ』は、
『JIN'S GARDEN SQUARE』内にある『JIN'Sメガネ店』と、
同じ敷地内のお隣りにあるカフェ。

Photo

メガネを作る時の待ち時間を、

カフェで過ごせるって訳です。

お店側もなかなか考えてますね~(笑)。

でも、あなどるなかれ、

いわゆる“カフェめし”も“ドルチェ”も、

ちゃんと美味しいんですよ。(^^♪

2

このお店に来たのは2回目。

この日は、ごはんを食べた直後だったので、

デザート&ドリンクのセットを、

オーダーしました。

デザートは、

ケーキから一品、アイスから一品選べます♪

この日に私がチョイスしたのは、
洋梨のタルトと、キャラメルのアイス。

それから、ドリンクはホットティー。

こんなにボリュームがあるのに、
セットで、確か700円くらいだったかな、
安いんですぅ~!

お店も、ガラス張りの壁と、白を基調としたインテリアで、
清々しく、癒される感じ。

つい、閉店時間まで、
友だちと長居をしてしまいました。(^^ゞ

前に訪れた時には、メガネ店の方にも入ってみましたが、
オシャレで、お手頃な価格のメガネがいっぱいで、
楽しませてもらっちゃいましたw。

でも、メガネ屋さんの方に用事が無くても、
カフェでくつろぐ価値は、ありますよ。o(^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »